ここからページの内容です。 各ページメニューへリンクします。

医療安全管理指針

医療法人恒仁会 新潟南病院

1.医療安全に関する基本的な考え方

  1. 当院における安全で良質な医療の提供と医療事故防止の徹底を図るため、本指針を定める。基本的な考え方は、人は過ちを犯すという前提に立ち過ちを誘発しない環境や、過ちが患者の障害などに発展しないシステムを構築することである。
    職員は、本指針に基づき医療安全の確保を第一義に考え、日常業務を行うものとする。
  2. 患者と医療従事者が協力し、患者が医療に参加できる環境を作り上げていくことが重要である。
  3. 上記目的達成のため、本指針の他、院内感染対策・医薬品安全管理・医療機器安全管理等の指針を定め、個別具体的な方策の累積により、医療の安全管理を総合的に推進する。

2.医療安全管理のための委員会組織に関する基本的事項

 医療安全対策と患者の安全確保を推進するために、以下の役職および組織等を設置する。

  1. 医療安全管理者
  2. 医療安全管理委員会
  3. 医療に係る安全確保を目的とした報告
  4. 医療に係る安全管理のための研修
  5. リスクマネージャー
  6. リスクマネージメント部会

 医療安全に関する委員会として、「医療安全管理委員会」を設置する。委員会は医療安全管理に関する基本的事項について審議し、またインシデント及びアクシデントの実態把握の推進と再発防止のため、次の実務を行う。

  1. 医療安全管理指針の策定、点検、見直し
  2. 医療事故防止の為の方策の実施、職員への周知徹底
  3. 職員研修の企画開催
  4. インシデント報告書等の医療事故等に関する情報収集と分析、防止対応策の検討

3.安全管理のための職員研修に関する基本的事項

  1. 研修は、医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全ての職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、病院全体の医療安全を向上させることを目的とする。
  2. 研修は、医療の質の向上や事故防止のため、委員会が具体的に立案して実施する。
  3. 研修会は、全職員を対象に、病院組織全体で安全管理に取り組み、医療事故を防止することができるように、年2回以上開催する。
  4. 研修会は、部署単位、職種単位等でも実施し、特製に即したより具体的な安全管理教育を行う。

4.事故報告等の医療に係る安全の確保を目的とした改善方策に関する基本方針

 インシデントは迅速な報告を求めるとともに、インシデントの原因分析は当事者の責任を追及するのではなく、「何が問題であるのか」「なぜ起きたのか」に視点を置いた検討を行い、改善策を立てて医療の質の向上・安全管理の改善に努める。

5.医療事故等発生時の対応に関する基本方針

  1. 事故発生時には、当事者の安全に最善を尽くす。当該部署で対応できない場合は、必要な職種、人材を動員させる。
  2. 事故当事者に患者が含まれる場合、患者家族への連絡、ご本人・家族への説明は冷静、丁寧且つ誠意を持って行う。
  3. 事故の状況や説明の内容は、詳細に記録し保管する。

6.患者からの相談への対応に関する基本方針

  1. 患者等からの苦情、相談に応じられる体制を確保するために、院内に患者相談窓口を常設する。
  2. 患者相談窓口の活動の趣旨、設置場所、担当者について、患者等に明示する。
  3. 相談により、患者等が不利益を受けないよう適切な配慮を行う。
  4. 苦情や相談で医療安全に関わるものについては、医療安全管理委員会に報告し当該施設の安全対策の見直し等に活用する。

7.指針の閲覧に関する基本方針

 院内に当該指針を掲示するとともに、ホームページに掲載する。

 患者から本指針の閲覧の求めがあった場合は、これに応ずる。

8.その他の医療安全の為の基本方針

  • 院内感染の防止について
     院内感染対策委員会からの院内感染防止活動状況の報告を受け、情報の共有化を図ると共に、病院として取り組むべき事項についての提案があった場合は、関係する委員会及び関係部署、関係者と協議し決定する。

  • 医薬品の安全管理について
     医薬品安全管理責任者を定め、医薬品の安全管理の体制の確保及び、医薬品の安全使用のための業務に関する手順書を作成し、変更について意見の求めがあれば、連携を図る。

  • 医療機器の安全について
     医療機器安全管理責任者を定め、連携を図ると共に、医療機器に関する安全管理のための体制を確保する。また、医療機器安全のための意見の求めがあれば、連携を図る。

2016.12 改訂

これでこのページは終了です。 ページの先頭へリンクします。