訪問リハビリについて

訪問リハビリとは?

理学療養士、作業療養士、言語聴覚士が利用者の居宅を訪問し、主治医の治療方針やケアマネージャーのケアプランに沿って、他のサービスと連携しながら要支援・要介護者が自宅において、できる限り自立した生活が送れるよう支援させて頂きます。

サービス内容について〜こんなことでお困りではありませんか?〜

転びやすくなった
  • 筋力・体力低下予防のため
    身体機能の維持・回復を図ります。また、その人に合わせた体操もお伝えします。
車椅子に乗ると姿勢が崩れる
  • 車椅子の姿勢調整や車椅子
    上で安全に食べられるよう
    お手伝いさせて頂きます。
楽な介助方法が知りたい
  • その人の能力を活かした介助方法や介助者の負担が少ない介助方法の指導を行います。
出来ていたことが出来なくなった
日常生活や自宅の環境に不安がある
  • 安全で安心して過ごせる生活環境を提案し、生活上の不安や悩みに対して適宜アドバイスを行います。
外出したいけど不安
家に閉じこもりがち
  • 安全に外出できるように、屋外での歩行練習を行います。
痰がからむ
息苦しい、楽に動きたい
  • 楽な動作や呼吸法、楽な痰の出し方の指導を行います。
口の汚れ・口臭が気になる
口が乾いて不快感がある
  • 口腔ケアの指導を行います。
コミュニケーションが上手く取れない
  • コミュニケーション方法の提案・指導、失語症や構音障害に対する訓練や生活環境調整を行います。
食事や水分でむせることがある
経管栄養にしたが口から食べることも続けたい
安全に食事がとれるようになりたい
  • 食事の介助方法の指導を行います。
  • 食事環境の設定や自助具などの提案を行います。
  • 摂食嚥下訓練(飲み込みなどの訓練)を行います。

当院の訪問リハビリは身体機能、嚥下機能、コミュニケーション能力などそれぞれ専門の職員が関わり、おひとりおひとりに合わせたリハビリを行うことができます。
また、わたしたちは病院を事業所としていますので、医師や栄養管理士などとも連携して訪問リハビリを行っております。

実施地域について

当事業所の実施可能地域は、主に新潟市中央区を中心としており、東区、西区、江南区の一部にも対応しております。これ以外の地域につきましてもご相談に応じています。
お気軽に、訪問リハビリ直通携帯 【090-7265-6977】 または南病院代表電話 【025-284-2511】 までお問い合わせ下さい。

訪問リハビリ利用の申し込み方法について

訪問リハビリをご希望の際には、担当ケアマネージャーへご相談下さい。
担当ケアマネージャーの方は、以下のボタンより申込用紙(Excelファイル)をダウンロードしていただき、当院訪問リハビリまで郵送またはFAX(025-284-2080)をお願いします。

訪問リハビリテーション申込書をダウンロード 訪問リハビリテーションにおける利用開始まで

ご利用料金について

  単位数(1単位 10.17円) 利用者負担金<注6>
1割の場合)
訪問リハビリテーション費 290単位/20分 約294円/20分
約589円/40分
サービス提供
体制強化加算
<注1>
6単位/20分 約6円/20分
約12円/40分
短期集中リハビリ実施加算
<注2>
200単位/回 約203円/回
リハビリマネジメント加算
<注3>
I:230単位/月
II:280単位/月
I:約233円/月
II:約284円/月
社会参加支援
加算
<注4>
17単位/日 約17円/日
事業所評価加算
<注5>
120単位/月 約122円/月
  • 注1:サービスを直接提供する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のうち勤続年数が3年以上の者が1名以上いる事業所がサービスを提供した場合、加算されます。
  • 注2:退院退所後または初めて要介護認定を受けた後に、早期に在宅における日常生活活動の自立性を向上させるため、短期集中的にリハビリテーションを実施する場合、加算対象になります。1週につき概ね2日以上、1日あたり40分以上リハビリを実施した場合加算され、期間は退院・退所後または要介護認定後3ヶ月までとなります。
  • 注3:適宜適切でより効果の高いリハビリテーションを実現するため、他事業所等と情報共有している場合に加算されます。連携内容により、加算I・IIと異なります。また、要介護1以上の方が加算対象となります。
  • 注4:訪問リハビリテーション計画に家庭や社会への参加を可能とするための目標を作成した上で、利用者のADL向上を図り、指定通所介護等に移行する取り組みを行っている事業所がサービス提供をした場合加算されます。
  • 注5:国の定める基準を満たした事業所に算定される加算です。要支援(介護予防訪問リハビリ)のご利用者の方に算定されます。
  • 注6:個人所得により、利用者負担金が2割となる方もおります。また、上記表は小数点を省略しているため、合計金額に数円〜十数円の誤差が生じる事があります。

訪問日、訪問時間について

月曜〜土曜:午前9時〜午後5時まで

  • 上記時間のうち、20分毎のご利用となります。
    利用時間については、ケアマネージャー又は当事業所にお問い合わせ下さい。

訪問リハビリ 利用者の声

身体リハビリテーション

〜利用者様の声〜


(91歳 女性)
私は施設に1年と4ヶ月入所して居りましたが、私がリハビリを申し出るまで施設では何一つ身体を動かすことも無く、食事、洗濯、夜9時就寝という日々でした。その間に頭と胆のう、下の歯茎の手術も受けました。
自宅で娘夫婦が一緒に暮らしてくれることになり、自宅でも訪問リハビリを受けることになりました。お天気の良い日は青菜の畑の間の舗装された広い道をシルバーカーで歩く…。腰と膝が良くなるリハビリの無い日には、朝起きると伝い歩きになってしまう。冬の間は外を歩くことが難しい日が多いため、これから新しいリハビリの施設に通うことを自分で決めた。

(H29.1.30 現在)




一時はこのまま体が弱っていき、動けなくなっていってしまうのかと考えることもあったそうです。訪問リハビリで、歩行能力が改善され、デイサービスに通うことになりました。リハビリに積極的なこちらの利用者様には職員も感心させられる日々。これからもお元気で!




(68歳 女性)
時分1人でいるといいのかな、これでいいのかなと疑問に思うことがある。
しかしやっぱり間違いではないのだ。少しは出来るようになる。
少しでも良いのだ。少しでも出来るようになるのだ。
やさしい笑顔とやさしい言葉に励まされて1人で買い物に行きたい。
食事の用意は上手ではないけれどほとんど1人でできるようになった。 (H29.2.2 現在)

言語リハビリテーション

 飲み込みに障害のある方のリハビリ風景です。脳卒中や頭部外傷など脳血管性疾患の後遺症によって、飲み込み(嚥下)に障害が現れ、穴違い(誤嚥)や肺炎を起こす危険性が高まります。口から食事を摂ることは、生きていくためには当然必要な行為です。その機能が障害されることは、人生の生きがいを失うに等しいと話す方もいます。飲み込みが障害された方でも、食事の形や姿勢・食べ方を工夫することで再び食事が摂れるようになる方もいます。私達はそのような方々の口から食べるお手伝いをさせて頂きます。


失語症の訓練風景です。
読む・書く・聞くといったコミュニケーションに関わる機能の訓練を行います。家族や友人・知人とのコミュニケーションが、円滑に図れる様に訓練や指導を行います。
写真は病前に行っていたパソコンを再開したいとのご希望で、操作の練習を行っています。


訪問リハビリスタッフの紹介

理学療法士3名 言語聴覚士2名で訪問しています。