訪問リハビリテーションにおける利用開始まで

はじめに

訪問リハビリテーションにおける利用開始フロー

 当院の訪問リハビリテーションサービスは、病院より提供しておリます。
訪問リハビリ開始までに、ご利用者様に当院医師の診察を受けていただく必要があります。
当院医師より、リハビリ指示を受けた後、サービスが利用可能となります。また、リハビリを継続される場合には、最低3ヶ月に1度、当院医師が診察し再指示を受ける必要があります。当院に受診することが困難な場合、訪問診療も行っておりますのでご相談下さい。
 また、かかりつけ医療機関が当院以外である場合、診療情報提供書をかかりつけ医療機関より当院医師宛てに頂き、当院医師がリハビリ指示を行うといった流れとなります。(当院医師がかかりつけ医の場合、診療情報提供書は必要ありません)
場合によっては開始までに若干の時間を要することがあるため、お早めにご相談下さい。

診療情報提供書について(他院かかりつけ医の場合)

  • かかりつけ医からの診療情報提供書に記載されている日付直前の診療日から3ヶ月間が、訪問リハビリの有効期間となります。訪問リハビリを継続して利用される場合は、かかりつけ医からの診療情報提供書が必要となります。(かかりつけ医に定期的に診療情報提供書を書いて頂けるかをご確認下さい。)
  • 初回の診療情報提供書について、郵送または当院受診時にご本人にご持参をお願いしております。郵送の場合は、下記の住所に訪問リハビリ担当者宛てで送って頂くようにお願いいたします。(到着後、医師が確認します。)
  • 2回目以降の診療情報提供書については、かかりつけ医に当院から情報提供書用紙を送り、ご記入して頂く形となります。なお、初回時もかかりつけ医から所定の用紙がほしいと要望があった場合、こちらで用意いたしますが、初回はできるだけかかりつけ医で使用している診療情報提供書に書いて頂くようにお願いいたします。

受診、または訪問診療について

基本的には当院に受診をお願いしていますが、遠方やご本人・ご家族の事業により受診が困難な場合には訪問診療を行っております。診察方法に関してはお気軽にご相談下さい。

<受診可能な場合>

かかりつけ医より診療情報提供書が届き次第、受診日を調整します。訪問リハビリスタッフへお問い合わせ下さい。

<訪問診療希望の場合>

まずは訪問診療希望曜日をお聞かせ下さい。訪問診療可能かどうか、訪問診療担当者に確認を致します。
※訪問診療につきましては、交通費は全額自己負担となりますので、ご家族・ご本人の了承を得て下さい。診療料につきましては、特定疾患等で医療費負担の上限がある場合は、その限度額内となります。

新潟南病院訪問リハビリテーション申し込み書について

当院ホームページリハビリ部訪問リハビリについての中からダウンロードできます。記入していただき、訪問リハビリ開始までに郵送またはFAXでお願いします。

※ご不明の点がございましたらお手数ですが直接お問い合わせください。