看護部長 井川富美子

看護部長あいさつ

 新潟南病院は2018年11月1日に、長くお世話になった女池地区から、鳥屋野に新築移転しました。敷地面積は広くなり、患者さん・ご家族が利用しやすい病院に生まれ変わりました。新しく回復期リハビリテーション病棟も開設しました。病院の基本理念は移転後も変わらず、地域の皆様に開かれた施設として医療・保健・福祉施設と連携し、信頼され親しまれる施設を目指してまいります。
 看護部は新しくなった病院で、今まで以上に「優しく思いやりの心を持って」看護を提供するよう心がけます。患者さんが住み慣れた地で安心して医療・看護が受けられるために、職員は質の高い看護を提供するために、日々努力しています。また、職員が情熱とやりがいを持って働くことができるように職員教育にも力を入れ、キャリアアップを支援しています。
 新しい新潟南病院と看護部をよろしくお願い致します。

<看護部の理念>私たちは、優しく思いやりの心をもって、患者さんの人権を尊重し安全で安心・安楽な看護を提供します。

<基本方針>◇利用者の尊厳と権利を守ります。◇利用者の視点に立ち、安全で安心できる看護および療養環境を提供します。◇チーム医療の一員として他部門と連携し、患者中心の看護を提供します。◇専門職としての知識・技術を高め、自律した行動がとれる職業人をめざします。◇職員がやりがいを感じ、元気に働き続けられる職場作りに努めます。